総院長&院長ブログ

野球イップス 急に投げられなくなった中学2年のS君 (副院長より)

投稿日:2014.05.20

 

急に投げれなくなり肩に痛みが出て、投げ方がわからなくなり来院。

治療は、カイロプラクティック徒手技法とイップス治療IRT(インジュリ・リコール・テクニック)、フォーム改善は二軸動作(常歩)を使いました。

フォーム改善は、引く動作よりも押す動作を意識してもらいました。
押す動作の投げ方は、外旋していく腕に前側の胸を押し付けていくような感覚です。前に出した腕を後方に引く感覚ではありません。
押す動作をし、腕を胸に押し付けていくような感覚だけでは、体が開いて行く可能性もあります。左手のグローブの使い方や2、3点注意するポイントを指導し感覚をつかんでもらいました。

2回目の治療の時は、フォームにはまだ慣れない部分もありましたがボールは投げれたみたいです。
上の動画は、1回目の治療後で投球フォームの指導前の映像で、下は、数度の治療と投球フォーム指導後の映像です。
2つの動画を一度に動かして見比べてみてください。
変化がよくわかっていただけると思います。

S君、頑張ってください。