総院長&院長ブログ

スポーツ後遺症の選手の治療とパフォーマンス向上のための指導 (副院長より)

投稿日:2015.04.09

先日、過去のビデオの整理をしていて、以前、スポーツ後遺症のために治療や、パフォーマンス向上のための指導している場面の懐かしいビデオが出てきました。

これは、元神戸9クルーズ大島投手です。

サイドスローの投球フォームが印象的な選手でした。

椎間板ヘルニアで本来の投球が出来ずにいたのが、骨格調整、フォームの改善をし、投げれるようになり活躍をされました。

次に、元和歌山紀州レンジャーズ南投手です。

彼は、高校生で軟式野球部に在籍していましたが、当時から体の調整をし、大学に入ってから硬式野球に転向しました。そして、大学を出て独立リーグに挑戦するのですが、独立リーグでやるには今のままでは通用しないと、と…。

体の調整をしながらフォームを改善し、紀州レンジャーズで活躍されました。