総院長&院長ブログ

投球の方法について (副院長より)

投稿日:2014.03.14

 

投球動作は、回旋運動の要素を含んでいます。そのため、体幹の回旋をしっかり使って投げる指導を受けた選手も多いと思います。

実際にこの意識を強く持ったまま投げると、必要以上に体が回転し、体の開きが大きくなってしまう事があります。

これを回転動作から縦の運動にすると、腕を振り、体を倒す事によって背中が伸ばされるため、その分リリースのポイントも自然に前になります。前でしっかりボールを放す意識もしてもらいます。

渡辺投手には、この縦の運動と引く動作よりも押す動作を意識してピッチングをしてもらいました。結果、七回、1安打で抑え試合にも1対0で勝利しました。