治療テクニック

SOT(Sacro Occipital Tecnnic)について

SOT(Sacro Occipital Tecnnic)について

カイロプラクティックのテクニックのひとつで、”仙骨後頭骨テクニック”とも呼ばれます。
“人はあるバランスの中に三角形が連なって存在しているようなものなので、三角形の一つの部分が変化すると残りの部分にも変化を生じさせる”という考えに 基づき、人間を総体として扱い、どの部分が最初の原因なのかを知りその状況を正す、とし、仙骨を矯正法の基礎としています。