施術例

首の痛み(頸部痛)と左手の痺れ  神戸市垂水区のFさん

首の痛み(頸部痛)と左手の痺れ  Fさん38才、会社員の方です。パソコンを使うお仕事
  で手をよく使われるそうです。1年位前から首に痛み
  があり、整形外科でレントゲンを撮ってもらったもの
  の特に異常はないと言われ、しばらく様子をみていた
  ら、今度は左手が痺れてきたとのこと。

  早速検査すると、骨盤と頭部は右上方に、肩甲骨は左
  上方に変位していました。骨盤(仙骨)と頭部のずれに
  より、変位のある個所が神経を圧迫し、脳脊髄液の流
  れが悪くなったことで、痛みと痺れが出ているようで
  した。
そこでまず、骨盤(仙骨)の調整と、頭部と頸椎の調整。(写真)
何度か調整するうちに、症状は楽になってきました。

あと、仕事柄、神経的なストレスもあるようで、そのストレスが原因で骨格の変位をきたしている可能性もあるので、並行して、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を施術しストレスの緩和をはかっていきました。
症状が治まってからも、再発の防止と日ごろの健康管理のために、2週間に一度くらいの割合で、治療を続けていただいています。