施術例

腰椎椎間板ヘルニアによる腰痛 神戸市須磨区のHさん

盲点(ブラインド・スポット)検査  Hさんが最初に石田カイロに来院されたのは、9年
  前。42才のときでした。半年ほど前、激しい腰痛に
  襲われ、病院で椎間板ヘルニアだという診断。1ヶ月
  くらい安静にしていたそうですが、腰の重みと少し
  歩くと足のツッパリ感がとれない、ということでし
  た。

  何度か続けて矯正をさせていただき、当初の症状は
  ずいぶん楽になりましたが、その後も、健康維持の
  為に、月に数度の割合で治療を続けていただいてい
  ました。

目の動きの調整  それが、先日来院されたとき、いつもと少し違う感
  じがしたのでお聞きすると、先日から急に、立ちく
  らみみたいな症状が出ることがあるとのこと。

  そこで、左脳と右脳のバランスを検査するために、
  盲点(ブラインド・スポット)検査を行ってみました。
  (上の写真)

  左右のバランスは大きく崩れていないようでしたが、
  盲点の面積が若干大きいように感じましたので、外
  耳道と目の動きの調整を行い(2番目の写真)次に、
  副腎皮質ホルモンの調整を行いました。
副腎皮質ホルモンの調整                 (3番目の写真)

  赤い円が調整前、青い円が調整後の検査結果です。
                 (4番目の写真)

  副腎皮質ホルモンは、精神的なストレスやアレルギー
  と深く関係していると言われています。

  このときのHさんは、精神的なストレスから副腎皮質
  ホルモンの機能低下を起こしており、それが原因の
  立ちくらみだったようです。

 

盲点(ブラインド・スポット)検査 結果(調整前と調整後)