施術例

強打した右肩の痛み 神戸市中央区のH君

IMG_2473  H君は、スポーツが大好きでとても元気な18才の男の子です。
  先日、友達と川で水遊びをしていたときに、滝から落下し右肩
  を強打したとか。それから肩のあたりが痛くて手が上に上がり
  にくい、とのこと。

  早速検査すると、骨盤は左上がり、肩甲骨は右上がり、頭部は
  左上がりに変位していました。
  また、右肩の上腕骨頭の部分が、上方に変位。
  そのために、肩に痛みがあり、手が上がらなくなっているよう
  です。(写真上)

  そこでまず、上腕骨を正常な位置に来るように矯正。
  その後、IPR(Immediate Pain Relief Technique)を行いまし

IMG_2475  た。(写真中)
  これは、顔面の経絡のポイントをタッピングして急性
  の痛みの軽減するテクニックです。

  また、滝からの落下時の恐怖心を緩和させるために、
  IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を行いまし
  た。

  1度きりの調整でしたが、痛みは軽減し、肩も上がる
  ようになったと喜んでいただきました。(写真下)

IMG_2477