施術例

長引いている腰痛 神戸市須磨区のHさん

長引いている腰痛  42才のお勤めの女性の方です。半年くらい前にひど
  い腰痛が出て、病院に行ったところ、椎間板ヘルニア
  であるとの診断。病院の治療を受けながら、1ヶ月く
  らい自宅で安静にしていたけれど、現在も、腰が重く
  て、少し歩くと足が突っ張る感じがする、ということ
  で、来院されました。
  最初の5回くらい続けて施術させていただき、少し症
  状が楽になった後は、週2回くらいのペースで、そし
  て現在は週1回くらいのペースで続けていただいてい
  て、症状はだいぶ軽減してきました。
  途中、お父様が亡くなったり、更年期障害の症状が
  出たり、神経ストレス的な症状が強く出た時は、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)で神経的ストレスの緩和していきました。
それと最近、転倒されて、そのときに手の小指を打撲。レントゲンを撮っても異常なしだったにもかかわらず痛みがいつまでもひかない、ということがありました。そこで、転倒時の精神的なショックが残っているのかも、ということで、顔面のタッピングポイントを刺激するテクニック(写真)を施術したところ、症状は、楽になっていきました。