施術例

妊娠中の腰痛(椎間板ヘルニア) 神戸市のIさん

妊娠中の腰痛  神戸市にお住いのIさん(27歳)。2年前に、初めての妊
  娠中に、腰痛が出て来院されました。病院では椎間板
  ヘルニアといわれたそうです。妊娠中ということで、
  腰椎の直接の矯正は控えて、AKテクニックの機能神
  経学を用いた椎間板ヘルニアのテクニックで施術を
  し、症状を緩和させ、無事に出産されました。

  そして今回、第2子を妊娠され、現在妊娠3か月だそ
  うですが、前回の腰痛のつらさを思い出し、予防のた
  めに来院されました。

  そこで早速、カイロ神経学のIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で調整。

また、お聞きすると、今回は悪阻がひどいということでしたが、精神的なストレスと構造的に変位している仙骨の部分を調整していくと、少しずつ楽になってきている、ということです。