施術例

右手親指の痺れ 神戸市中央区のIさん

頸椎の矯正  飲食店にお勤めの45才の女性の方です。
  当初、坐骨神経痛と右足の痺れ感があるということで
  来院されました。
  早速検査をすると、骨格的には、骨盤と頭部は右上
  方、肩甲骨は左上方に変位していました。何度か調整
  させていただくうちに、その症状は緩和されていきま
  したが、健康のために、週に一度くらいの割合で、
  継続して調整させていただいていました。
  仕事柄、重いものを運んだりするので手をよく使う
  からか、先日来院されたときには、右手親指の痺れが
  ある、とのこと。
  改めて検査をすると、頸椎の6番に変位がみられましたので、頸椎の矯正を行いました。(写真)
症状が出てから矯正するまで、日にちがあまり経過していませんでしたので、痺れの症状は早く治まりました。