施術例

交通事故が原因でいろいろな症状が出る 洲本市のKさん

HP  55才の男性の方です。
  数か月前に、交通事故にあい、腰と膝裏の力が抜ける
  感じがし、膝に力が入らなくなり、腕も上がりにくい
  とのこと。そのことが原因で精神的なストレスがか
  り、精神的に疲れやすくなり、集中力の低下、予想外
  の体重増加、激しい運動もしていないのに筋肉痛、な
  ど、いろいろな症状が出ているようです。

  内科的には、糖尿病と無呼吸症候群があるとのこと。
  骨格的には、頸椎の1番に歪みがありました。そこで
  まず、頸椎を矯正。あと、神経的なストレス(交通事
                        故にあった瞬間の恐怖感や母親の介護など)の緩和、
HP2  副腎皮質ホルモン調整による体内バランス調整を行
  っていきました。

  すると、数回の調整で、腰と膝裏の力が抜ける感じが
  なくなり、腕もだいぶ上がるようになってきました。
  でもまだ本調子というわけにはいかないので、現在
  も、定期的な調整を続けていただいています。