施術例

不得意の克服 神戸市中央区のMさん

感情ポイントのテクニック  47才の男性の方です。
  仕事柄、絶えず神経を使っておられ、疲れがちな方で
  すが、先日、自宅を引越しされ、そのときの疲れがさ
  らに積み重なったようで、先日来院されたときには、
  腰が痛いのと足が冷える、と言われました。
  あと、不得意な相手との囲碁の大きな試合の日程も迫
  っているとのこと。
  そこで、通常の骨格矯正と筋肉調整のあと、IRT(イン
  ジュリ・リコール・テクニック)で神経的ストレスの
  緩和と、感情ポイントのテクニックの施術を行いまし
  た。
  左の写真は、感情ポイントのテクニックの施術をしているところです。
この後、囲碁の試合では、全国大会で準優勝までされたということで、喜んでいただきました。