施術例

更年期障害 神戸市東灘区のNさん

QAとクエン酸回路系テク  お仕事と家事を両立しながら頑張っておられるNさん
  49歳。

  最初は、腰椎椎間板ヘルニアで左足が痺れている、と
  来院され、その症状がとれてからも、健康維持の為に
  定期的に調整させていただいていましたが、最近、更
  年期障害の症状があるとのこと。

  お聞きすると、仕事や家庭のことで神経的なストレス
  が重なり、自律神経が不安定になっている様子。そこ
  で、いつもの全体的な骨格や筋肉の調整のあと、副腎
  皮質ホルモンのテクニック(写真)を施していくと徐々に、症状が楽になっていきました。