施術例

くも膜下出血の後遺症 神戸市垂水区のNさん

頭蓋調整  現在72才のNさんが、くも膜下出血で倒れられたの
  は、15年前。最初に石田カイロに来られたのは、12
  年前でした。
  体が全体的に動かしにくい状態で、会話もほとんど
  出来ない状態でしたが、腰痛と右側の手足が冷たい
  のを治してほしい、ということで、来院されました。

  そこで、軽い骨格矯正と腰部の硬くなっている筋肉を
  少しずつ緩めていくことで、症状の軽減をはかってい
  きました。
  そして、症状が楽になった後も、少しでも体が動きや
  すくなるように、脳機能が回復するように、といろい
ドラム  ろな治療を行っています。

  ①  脳脊髄液の産出を促すための頭蓋調整(上の写真)

  ②  視神経から脳神経の活発化を図るためのドラム
                    (下の写真)