施術例

打撲のあとの肩の痛み(肩関節周囲炎) 神戸市中央区のNさん

打撲のあとの肩の痛み  神戸市中央区にお住まいのNさん(77歳)が、左肩が痛
  くて、腕が上に上がらない。そして、痛みのために夜
  も眠れない、と来院されました。

  お聞きすると、数ヶ月前に夜中に低血糖を起こし意識
  がなくなり、ベッドから転落されたとのこと。そのと
  きに肩をひどく打ちつけたようです。

  早速検査すると、骨盤は左、肩甲骨と頭部は右が上が
  っていました。そして、左腕の可動範囲が極端に少な
  くなっていました。そこでまず、身体全体的なバラン
  スをとる調整を行い、次に肩関節を調整しました。あと、脳の中に記憶された、ベッドから転落した時のイメージを緩和させるために、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)と TAT(タッチアンドタップ)テクニックを使って調整していきました。(写真)

翌日、みさせていただくと、痛みが軽減して、昨夜はとてもぐっすり眠れた、ということでした。