施術例

睡眠時無呼吸症候群(いびきをかく・体がだるい) 明石市のTさん

睡眠時無呼吸症候群  最近、会社を早期退職されたTさん(59才)。在職時か
  ら、肩こりや腰の痛みの調整をさせていただいてい
  て、最初の症状は楽になっていたのですが、健康管理
  のために定期的に調整させていただいています。

  先日、いろいろとお話ししているうちに、奥さんから
  「いびきがうるさい」と言われている、という話をお
  聞きしました。
  そこで、ひょっとしたら、と思い、一度、専門医で
  検査することをおすすめしました。
  結果は、思った通り、睡眠時無呼吸症候群との診断
  で、就寝時に、マウスピースか酸素マスクの着用を勧められたとのこと。

Tさんは、まずマウスピースの着用の方を試してみたい、ということでしたので、カイロプラクティック治療として、まず、顎関節と歯の施術を行い、出来るだけ正常な位置に矯正してからマウスピースを作られることお勧めしました。
あと、精神的なストレスも大きく影響していますので、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)を施術していきました。