施術例

デッドボールを当てた後の肩の不調(野球肩)  神戸市中央区のT君

デッドボールを当てた後の肩の不調  神戸市中央区にお住いのT君(小学6年生)。少年野球チ
  ームに所属していて、ポジションは、主にピッチャー
  をしています。最初の来院は5年前で、その症状が治
  まってからも、定期的に調整させていただいていま
  す。

  先日、肩が痛いと思いながら試合で投げていたとき、
  相手バッターにデッドボールを当ててしまったそうで
  す。検査したところ、上腕骨頭が上方へ変位していま
  したので、骨格を調整。あと、インナーマッスルであ
  るローテーターカフ(回旋筋腱板)の調整をしました。

その後、肩の痛みはなくなったものの、思ったように投球が出来なくて結果がでなくなったとのこと。

それはきっと、デッドボールを当ててしまったという悪いイメージが神経的なストレスとして頭の中に残っていて、それがピッチングの邪魔をしているのだろう、と思い、AKテクニックのIRT(インジュリ・リコール・テクニック)とLQMで、神経的なストレスの緩和をはかる調整をしていきました。

その後、ピッチングフォームもチェックして、常歩(なみあし)・二軸動作の動きに改善指導したところ、調子よく投げられるようになったということです。