施術例

デッドボールを当てた後の過去の障害の再発(イップス) 神戸市中央区のT君

デッドボールを当てた後の肩の不調  小学生の時に試合中にデッドボールをしてしまいフォ
  ームを崩してしまい肩を痛めたT君。

  そのT君が中学生になり、投手と内野手を交互にやる
  ようになり、練習中にバッティングピッチャーをして
  いる時に先輩にデッドボールを当ててしまい、過去の
  障害が出てしまい肩を痛めました。

   治療としては、フォーム改善、内野手の投げ方、過
  去の障害を緩和させるテクニックIRT(インジュリ・リ
  コール・テクニック)をし、投げれようになりました。まだ完全ではないのですが、一回の治療でかなりの改善をし、もう一息です。