施術例

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア) 神戸市須磨区のTさん

腰痛(腰椎椎間板ヘルニア)  神戸市須磨区にお住いのTさん(66才)。最初の来院
  は、10年以上前です。腰痛で来られ、その症状が治
  まってしばらく中断されていましたが、その間に、
  胃がんの手術をされたそうです。

  再来時、骨格は頭部と肩甲骨は左上方に、骨盤は右
  上方に変位しており、腰椎の左右の靭帯部分の痛み
  を訴えておられました。

  その症状が治まってからは、健康維持の為に、月に
  数回来院されていますが、最近、ご自身の定年退職
  や、ご両親の介護による疲れなど、精神的につらいことが重なり、また腰痛が出てきたとのこと。
そこで、骨格と筋肉の調整の他、神経的なストレスの緩和のためにIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で治療していきました。
今回は、日ごろの定期的な調整と、症状が出てからの調整が早かったのとで、比較的早く痛みが治まりました。