施術例

野球選手のイップス 神戸市中央区のY君

野球選手のイップス  Y君は高校1年の野球選手です。中学2年生の時、一
  度、肘を痛めたことがあったそうですが、今回、高校
  の野球部に入ってから、投球練習中に、先輩から「ど
  こに投げてるんや」と一言言われ、以来、ボールが投
  げられなくなったとのこと。
  それから、いろいろな治療を受け、遠投は出来るよう
  になったものの、それ以外は無理、なのでピッチャー
  としての投球が出来ないと来院されました。
  先輩の一言が心の傷となったイップスのようです。
  そこでまず、筋肉・骨格の調整、そして、IRT(インジ
  ュリ・リコール・テクニック)と感情ポイントのテク
  ニックで心の傷の緩和。
そして、少しだけ投球フォームの改善を行いました。
現在、3回目の治療で、調子のいい時の5~7割ぐらいの感覚で投げられるようになったということです。