治療院紹介

総院長 石田順教(昭治)

経歴 オーストラリアビクトリア州立RMIT(ロイヤル・メルボルン工科)大学日本校(現東京カレッジオブカイロプラクティック)CSCプログラム卒業。
武術の裏技の整体医法を学び、徒手医学に興味を持つ。
鈴木正教(故人)に師事し、正体術を学ぶ。 師範を印可。鈴木正教主宰スズキカイロスクールの教授に着任。
整形外科クリニックで理学療法室室長として5年間勤務の後、独立開院。
以来、カイロプラクティック治療歴20年、施術患者数延べ20万人以上。
現在、独自の施術体系を確立して、治療。 天津中医薬大学日本校 客員教授
卒業後専門教育専攻 講師 内容
鈴木正教(故人) 鈴木正教正体術(ディバーシファイド・テクニック、SOT、オステオパシー、AK、高橋迪雄式正体術、構造医学等)
Dr,Victor Portelli DIBAK ICAK認定ベーシック・アプライド・キネシオロジー100時間コース
Dr,Victor Portelli DIBAK ICAK認定アプライド・キネシオロジー内臓バイオメカニクス
Dr.Jean-Pierre Barral,D.O. 内臓マニピュレーション体温診断学(オステオパシー)
Dr,Seug Won Lee D.C. Total Body Modification、IRT、経絡、アレルギー治療など
森田博也D.O. スティル・テクニックなど
大場弘D.C. DACNB 身体呼吸療法 カイロプラクティック機能神経学など
古賀正秀(全日本オステオパシー協会創設者)(故人) オステオパシー、四肢のテクニック
取得資格  カイロプラクティック理学士(Bachelor of Chiropractic Sceince)B.C.Sc.

Quintessential Application D.C.(QAの認定医)

所属団体 マニュアルメディスン研究会正会員
WHO承認WFC(世界カイロプラクティック連合)加盟団体
JAC(日本カイロプラクターズ協会)会員・認定カイロプラクティックオフィス
ICAK(インターナショナル・アプライド・キネシオロジー)会員
日本療術学会会員
日本統合医療会員・認定療法士
論文 「痛みの伝達経路と鎮痛メカニズムについての考察とIRTと顔面ポイント・タッピング調整(TFP)による痛みの軽減について」
2006年 日本カイロプラクティック徒手医学会第8回大会にて発表 奨励賞受賞 「固有感覚刺激による姿勢改善と運動能力の向上について」
「重心の変化とパフォーマンス向上効果について」
2007年 日本カイロプラクティック徒手医学会第9回大会にて発表
「徒手矯正技法による血糖値へのアプローチ」
2008年 日本カイロプラクティック徒手医学会第10回大会にて発表
「Injury Recall Techniqueと顔面ポイント・タッピング調整」
第5回天津国際中医薬学術シンポジウム・第9回鍼灸国際学術交流会にて発表