こころの疲れ

更年期障害

“更年期障害”も、ホルモンバランスが崩れることによって自律神経のバランスも崩れる自律神経失調症の一種です。

また、それ以外でも、精神的ストレスや肉体的ストレスが、過剰にかかることで、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ、どちらか一方だけが優位の状態が続くと、やはり自律神経失調症を引き起こしてしまいます。

illust2809_thumb  これらに対して、薬物療法では、一時的に症状を抑えることはできますが、根本的な
  対策にはなりません。

  石田カイロプラクティックでは、筋肉や関節にある体性神経(感覚神経・運動神経)を
  刺激することで、間脳というところに働きかけ、自律神経の調整をしていきます。

  また、TBM(トータル・ボディ・モディフィケーション)やIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で、肉体的、または精神的なストレスの原因を探り、体内に残ってしまっているその障害の記憶を取り除き、本来、誰もが持っている自然治癒力を引き出す方法で調整していきます。

illust2821_thumb