スポーツ障害

K君高校二年生 野球イップス

外野手のK君がイップスになったのが、高校一年生の時。

ある日突然投げづらくなり、騙しだまし練習をしていたそうです。

二年生になり、騙しもきかなくなり悩んでいたみたいです。

治療は、筋・骨格調整。投げれなくなったきっかけを緩和していくテクニック

IRT,感情ポイントテクニックをしていきました。後は、フォームの改善をし様子をみていきました。

 

治療三回目で効果がではじめ、K君は、八割は感覚的に戻ってきたと。

普段、簡単に投げる事が急に投げれなくなる不安。悩んで野球が嫌いになりかけたみたいですけど

今、投げれる事ができ野球が楽しいとK君は喜んでいます。