ストレス性逆流性食道炎(裂肛ヘルニア)  神戸市北区のKさん

70ストレス性逆流性食道炎  神戸市北区にお住まいのKさん(36歳)は、最初、腰痛
  (腰椎椎間板ヘルニア)で来院されました。そして、そ
  の症状がなくなったあとも健康維持のために定期的に
  来院されていました。

  が最近、胃痛と吐き気がある、と言うことです。いろ
  いろお話をお聞きすると、会社での人間関係に悩んで
  おられ、そのストレスが原因と思われました。内科で
  薬を処方してもらいましたが、なかなかよくならない
  ということです。

  IRT(インジュリ・リコール・テクニック)で検査してみると、これまでの過去におけるストレス等が表われ、どんどん悪化している状態でしたので、早速、ストレスを緩和させる調整をしていきました。

 何度か根気強く施術していくうちに、症状はよくなったり、また悪化したりしながら、徐々に胃痛と吐き気は治まってきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。