肩とひじの痛み(野球肩・野球肘)  神戸市中央区のY君

73肩とひじの痛み  神戸市中央区にお住まいのY君(16歳)は、高校の野球
  部でピッチャーをしています。投げ始めると、右の肩
  甲骨と右肩の前の部分(三角筋)に痛みが出ると来院さ
  れました。

  そこでまず、どんなフォームで投げているかを知るた
  めに、ピッチングフォームのチェックをしてみまし
  た。

  そして、骨格の検査を。骨盤は左上がり、肩甲骨は右
  上がり、頭部も右上がりになっていました。そして右
  腕の可動域が減少しています。

直接の原因は、右の肩甲骨付近の筋肉(棘下筋等)の緊張だと思われましたので、調整として、まず肩甲骨の動きの調整。そして手首の2本の骨(とう骨と尺骨)の調整をすると、腕の振りが良くなり、痛みも減少してきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。