腱鞘炎  神戸市垂水区のWさん

65腱鞘炎  神戸市垂水区にお住まいのWさん(62歳)。右手親指の
  付け根の部分が痛くて、ペットボトルのキャップも開
  けられなくなった、と来院されました。

  原因は、犬の洗髪するときや、散歩のときにリードを
  強く持っていることのようです。また、右手が痛いの
  で左手を使っていると、最近で左手にも痛みが出てき
  たとか。

  親指の関節を検査すると、少し動きが悪くなっていま
  したので、関節を調整して動きをつけましたが、まだ
  痛みがとれません。そこで、神経的ストレスの可能性を考え、IRT(インジュリ・リコール・テクニック)で調整すると、少し痛みが軽減しました。

長い間、痛い思いをしながら、洗髪や散歩をしていたために、それらへの神経的ストレスが、アレルギー反応のような状態になっていたようです。

関節の調整とIRT(インジュリ・リコール・テクニック)で、何度か調整させていただくうちに、少しずつ、症状が楽になっていきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。