坐骨神経痛  明石市のTさん

60坐骨神経痛  明石市にお住いのTさん(57歳)は、最初、腰痛で来院
  され、その症状が治まってからも、健康維持のため
  に、定期的に施術させていただいていました。ある
  日、仕事中に、左の股関節と臀部のあたりに痛みが
  出た、と来院されました。

  早速検査すると、骨盤と頭部は左が上がり、肩甲骨は
  右が上がっており、左足の動きが悪くなっていまし
  た。そこで、左股関節の動きを付ける調整をし、骨盤
  を調整することで、痛みが軽減し、動きの悪くなって
  いた左足の動きもよくなってきました。

 日ごろから、定期的に調整させていただいているおかげで、痛みの症状が出ても、早い目に調整できて、痛みも早い目に楽になったと思います。

 ※坐骨神経痛…腰椎椎間板ヘルニア、筋・筋膜炎などによって、坐骨神経支配領域に痛みが出る症状のことです。坐骨神経領域とは、臀部から大腿部前面、下腿部後ろ側、足先などで、症状には、知覚異常や脱力感を伴うこともあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。